小田陶器株式會社
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器
White Instruments of Japan/日本の白い器

100年の歴史を誇る、小田陶器の白磁

小田陶器は1921年、美濃焼の産地、岐阜県瑞浪市に創業しました。 岐阜県東部の瑞浪市周辺は、隣接する多治見市、土岐市と合わせて、美濃焼の産地として栄え、多種多様な素材、デザイン、技術を持つことから「日本の陶都」とも呼ばれ、日本の陶磁器文化を支えてきました。 小田陶器がある瑞浪市は、明治初期より欧米諸国に向けた洋食器を生産、輸出することで世界有数の白磁の産地として栄えてきました。長い年月をかけてこの地域に受け継がれてきた、先人達の技術と想いを胸に、小田陶器では白磁の器を約100年にも渡り作り続けています。

瑞浪市の位置
昭和00年当時、生産が最盛期の時代の風景
昭和42年2月、生産が最盛期の時代の風景

News/新着情報

Products/商品のご紹介

  • オリジナル商品を作りたい
    オリジナル商品
    OEM開発について
    小田陶器では、お客様のオリジナル商品を作りたいというご要望にも、柔軟に対応することが可能です。オリジナルデザインを元にしたサンプル作りから、量産まで、すべてノンストップで対応いたします。
  • 加工技術を詳しく知りたい
    加工技術
    形状によって、最適な加工方法をご提案
    何を作るのか、どれくらいつくるのか。お客様によってご要望は様々。
    小田陶器では、これまでの数多くの実績を元に、お客様にとって一番と思える商品デザインや企画をご提案させていただきます。

小田陶器の加工技術ダイジェスト

Instagram/会社の日常

お問い合わせ/Contact